Dreamers hot mind

デジタルカメラでは表現できないバイク乗りの思いを少し手繰り寄せて文字に表現してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気付いたこと

TZR250を 気に入っている 401kunです。

「 乗り易い 」って 以前記載させていただきました。

約20年前に ライバルであったホンダ・NS250Rやスズキ・RG250Γに対抗すべく、
自主規制上限の45psを出すエンジン。

先代のRZ250Rを凌駕する高性能エンジンって 頭にインプットしていましたので

メーターの針を10000回転まで常にキープして走らないといけないんじゃあないかと
思っていました。

ですが そんな高回転を ヘタッピィの 401kunがキープして走るのは無理なのではないかと

恐る恐る乗り始めたのです。


実際は 10000回転を常にキープ  なんて    ・・・・・   めっちゃ簡単(直線だけ)

本当に 驚きました。 いやほんとうに アクセル捻るだけなんですもの。

度胸と 長いストレートさえあれば 誰でもできる。


で、 10000回転 なんて 回さなくても十分じゃん って ある日気付いたのです。

それまで、 タコメーターを見ながら乗っていたのですが

今では タコメーターもあまり見なくなりました。



乗ってて思うことのひとつが 「 軽い 」 ってこと。


乗ってるときは 本当に軽いって感じます。

ですが  我が家の 高校3年生の娘は TZR250を見た最初に  

「 でかいっ! 牛みたい 」 って 言いました。

そうです XEと比較すると でっかいです。

軽いって言いますが 本当の体重は 126キロ もあったりします。

750クラスや 400cc 4気筒 車輌を見ている方から見ると 軽いのでしょうが

何も知識のないものから見ると 十分大きなバイクなんですよ。

なのに、 乗ってみると「 軽い 」って感じることに 不思議でなりません。

重い軽いの感覚は 金属の塊としての重さではないことに

今更ですが、気付かされ 不思議に思っています。



先日気付いた問題点がひとつあります。

私の車輌 前のオーナーがバッテリーレスにしているんです。

最初に確認した時 ライトも点灯しましたし、ウインカーも点滅しました。

現在  ・・・  ウインカー切れました。

バッテリーは電気系の電圧がある程度以上上がろうとした場合、

バッテリーが電流を食うことによって電気系の過電圧を防止する特性があります。

バッテリーレスの電解コンデンサはこの特性がないので、系の電圧は簡単に上昇します。

つまりバッテリーレスキットではどうしても過電圧が発生しやすく、

電球切れやヒューズ切れを起こしちゃうんですね。

以前 XEをバッテリーレスにしたときも 同じことが起こりました。

電球切れ以上に気になっていることは、 雑誌などに記載されている

キーを捻ると YPVSが動作する「ウィー、ウィー」という音が しないんです。

どの方も書いている YPVSの楽しみが 味わえないんです。

「ウィー、ウィー」という音が聞きたいんで、 バッテリーを載せようかと思い始めました。

スポンサーサイト

PageTop

TZR250は快調

TZR250は快調? です。

?マークが付きましたのは 熱くて乗れないから。

うーんと ここにも何度も記載しましたが

私 401kunは 重度の貧血です。

お医者さんから「 何度倒れた? 」 って 聞かれるほど 重症なんです。

「 体調悪いなら 薬を飲め 」とか 「 ちゃんと 治療しろ 」って

簡単に言われる方が多くて困るのですが、 その感覚は ブルジョアの感覚ですよ。

貧乏人は 「 ヤマイィィ? 何言ってんねん 気合でなおさんかいっ 」です。

治療とか薬を飲むとかは 本当に死ぬかもしれないと思ったときの手段でして

401の場合 その「 本当に死ぬかもしれない 」 って思ったときに病院行ったあと


何もしていません。


貧血。 体の中に栄養分を送る大切な血が少ないんですね。 成分としては鉄が足りない。

血液ってのは 栄養分だけでなくさらに 熱対策がありまして・・・

エンジンに例えると良く判ると思うのですが

水冷エンジンのラジエーターの水が足りないといえば お判りですか。

体が 本当に発熱する。 

焼け付く手前ですから 上手く体が動かないってことが起こるんです。

上手く体が動かないって どの程度かって言われると まだ走れない。

歩くのがやっとなんです。

そんな人が この熱い夏の日差しの中 バイクに乗るなんて 自殺行為ですよ。

バイクと一緒に 地面に横になるのは 勘弁してください。

バイク重くて 立ち上がれませんよ。 

PageTop

悲しい

今年 401kunは 高知のよさこい祭りを見に行けてません。

これは 私の人生の中で重要な変化です。 衝撃です。

よさこいは 1984年 四国をヒッチハイクと歩きで一周していた時

偶然 高知に入った日が よさこい祭りでした。

岡山育ちの 401にとって よさこいは カルチャーショックだったのです。

高知という街が 外国に感じられました。

それ以来 今年で28年 毎年 夏のこの3日間は 高知で過ごすことが

私の年間行事の中で最大の バカンスだったのです。

情熱的な よさこい を見ることも 大切な事なのですが

それ以上に大切なことがあったのです。


大学時代に 一緒に山に登り続けた友と

一年分の大酒飲みをする日 それが よさこい でした。

もうじき50を迎える オジサン二人が 31年前に登った蒜山で紛失したスコップの話に大笑いしながら 

大酒飲みをできる日だったのです。

そんな大切な 時間を 今年作れなかった事が、 衝撃です。

さらに 今年は一番末の娘が高校3年生です。

もしかしたら、来年は娘が「高知に行けない」というかもしれないのです。

子供と共に よさこいを見る最後の年になるかもしれない可能性がある年だったのです。

もしかしたら 後年 何年も悔やむ事になるかもしれないと思いながら

苦渋の選択でした。 

PageTop

礼儀知らずが

カブトムシがパソコン横の網戸に飛来しました。 と過日記載しました。
その後 網戸に 何匹かカブトムシが飛来しますが
やかましい、やかましい 。


おっ 「 やかましい 」って どういう意味? って顔しましたね。
「 やかましい 」って 大阪弁らしいのですが
岡山でも使います。
意味は 喧しい。騒がしい様。
口を挟まないでほしい、放っておいてほしい、などの意味でも使います。


いや、そんな事を記載したいのではありません。
やかましい カブトムシは まだかわいいのです。
本日 礼儀知らずが現れましたので ご報告。

おトイレに入り、便座に座っていますと  ・・・ ヤツが現れたのです。
ドアの隙間から プチプチプチプチって とっても小さな足音を立てながら現れたのは
ムカデ君。
夏になると現れるのは カブトムシやクワガタだけではないんです。
山の傍に建つ家には 色々なムシがやってきます。

便座に座っていたんですよ、 もちろん パンツも下げてます。
こんなときに現れるなんて、なんて礼儀知らずなのでしょう。
私 401kunは キッ と 睨み付けてやりました。
目線があったのか 良く判らないのですが
キッ と 睨み付けてやると、 なんと ヤツは 入ってきたドアの隙間から
外へ出て行くではありませんか

くはぁぁぁぁぁ  逃がす訳には行きません
私 401kunは すぐにムカデ君を追いかけて 勝負を挑みます。
ドアの外へ飛び出すと ずるがしこい ムカデ君は 隠れています。
姿が見えません。
いくら隠れても わずか数秒の差、遠くへ逃げたとは思えません。
隠れたヤツをおびき出す 秘密兵器 殺虫剤の登場です。
プッシュュュュュュュウ  プッシュュュュュュュウ  プッシュュュュュュュウ
プチプチプチプチ  おっ 足音!
殺虫剤にモガキ苦しみながら ムカデ君がでてきました。
バンバンバン(叩く音) この礼儀知らずめっ! バンバンバン

よぉぉぉし 礼儀知らずを退治しました。
さあ トイレの続き  

・・・・・・

・・・・・・

あっ そこの君 401kunが パンツはかずに ムカデと戦ったと思ったでしょ

・・・・・・

・・・・・・

山の傍に建つ家に住む 401kunは 毎年夏に 何十匹ものムカデ君と勝負をするのです。
勝負は 一瞬の判断。
タイミングを逃すと 逃げられちゃいます。
・・・・・・
・・・・・・
そこの君 401kunが パンツはかずに ムカデと戦ったと 確信したでしょ

401kunは 毎年夏に 何十匹ものムカデ君と勝負をするのですが
同じ家に住む 奥様や お嬢様は
「 えぇぇぇ ムカデェ  見たことない 」 と おっしゃいます。
401kunは 家族を守るために一人で 毎年夏に 何十匹ものムカデ君と勝負をするのです。
パンツをはく時間をかけてしまうと ムカデ君に逃げられちゃうじゃないですか

奥様 お嬢様 「 パンツぐらいはいてから バンバンしてよねぇ  礼儀知らずが・・}

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。