Dreamers hot mind

デジタルカメラでは表現できないバイク乗りの思いを少し手繰り寄せて文字に表現してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気付いたこと

TZR250を 気に入っている 401kunです。

「 乗り易い 」って 以前記載させていただきました。

約20年前に ライバルであったホンダ・NS250Rやスズキ・RG250Γに対抗すべく、
自主規制上限の45psを出すエンジン。

先代のRZ250Rを凌駕する高性能エンジンって 頭にインプットしていましたので

メーターの針を10000回転まで常にキープして走らないといけないんじゃあないかと
思っていました。

ですが そんな高回転を ヘタッピィの 401kunがキープして走るのは無理なのではないかと

恐る恐る乗り始めたのです。


実際は 10000回転を常にキープ  なんて    ・・・・・   めっちゃ簡単(直線だけ)

本当に 驚きました。 いやほんとうに アクセル捻るだけなんですもの。

度胸と 長いストレートさえあれば 誰でもできる。


で、 10000回転 なんて 回さなくても十分じゃん って ある日気付いたのです。

それまで、 タコメーターを見ながら乗っていたのですが

今では タコメーターもあまり見なくなりました。



乗ってて思うことのひとつが 「 軽い 」 ってこと。


乗ってるときは 本当に軽いって感じます。

ですが  我が家の 高校3年生の娘は TZR250を見た最初に  

「 でかいっ! 牛みたい 」 って 言いました。

そうです XEと比較すると でっかいです。

軽いって言いますが 本当の体重は 126キロ もあったりします。

750クラスや 400cc 4気筒 車輌を見ている方から見ると 軽いのでしょうが

何も知識のないものから見ると 十分大きなバイクなんですよ。

なのに、 乗ってみると「 軽い 」って感じることに 不思議でなりません。

重い軽いの感覚は 金属の塊としての重さではないことに

今更ですが、気付かされ 不思議に思っています。



先日気付いた問題点がひとつあります。

私の車輌 前のオーナーがバッテリーレスにしているんです。

最初に確認した時 ライトも点灯しましたし、ウインカーも点滅しました。

現在  ・・・  ウインカー切れました。

バッテリーは電気系の電圧がある程度以上上がろうとした場合、

バッテリーが電流を食うことによって電気系の過電圧を防止する特性があります。

バッテリーレスの電解コンデンサはこの特性がないので、系の電圧は簡単に上昇します。

つまりバッテリーレスキットではどうしても過電圧が発生しやすく、

電球切れやヒューズ切れを起こしちゃうんですね。

以前 XEをバッテリーレスにしたときも 同じことが起こりました。

電球切れ以上に気になっていることは、 雑誌などに記載されている

キーを捻ると YPVSが動作する「ウィー、ウィー」という音が しないんです。

どの方も書いている YPVSの楽しみが 味わえないんです。

「ウィー、ウィー」という音が聞きたいんで、 バッテリーを載せようかと思い始めました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。