Dreamers hot mind

デジタルカメラでは表現できないバイク乗りの思いを少し手繰り寄せて文字に表現してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

TZR250は快調

TZR250は快調? です。

?マークが付きましたのは 熱くて乗れないから。

うーんと ここにも何度も記載しましたが

私 401kunは 重度の貧血です。

お医者さんから「 何度倒れた? 」 って 聞かれるほど 重症なんです。

「 体調悪いなら 薬を飲め 」とか 「 ちゃんと 治療しろ 」って

簡単に言われる方が多くて困るのですが、 その感覚は ブルジョアの感覚ですよ。

貧乏人は 「 ヤマイィィ? 何言ってんねん 気合でなおさんかいっ 」です。

治療とか薬を飲むとかは 本当に死ぬかもしれないと思ったときの手段でして

401の場合 その「 本当に死ぬかもしれない 」 って思ったときに病院行ったあと


何もしていません。


貧血。 体の中に栄養分を送る大切な血が少ないんですね。 成分としては鉄が足りない。

血液ってのは 栄養分だけでなくさらに 熱対策がありまして・・・

エンジンに例えると良く判ると思うのですが

水冷エンジンのラジエーターの水が足りないといえば お判りですか。

体が 本当に発熱する。 

焼け付く手前ですから 上手く体が動かないってことが起こるんです。

上手く体が動かないって どの程度かって言われると まだ走れない。

歩くのがやっとなんです。

そんな人が この熱い夏の日差しの中 バイクに乗るなんて 自殺行為ですよ。

バイクと一緒に 地面に横になるのは 勘弁してください。

バイク重くて 立ち上がれませんよ。 

PageTop

TZR250が有る暮らし

TZR250が有る暮らしが始まって すでに数日。
とっても楽しいです。


初日には いろいろな事が起こりました。
エンジンを掛け 家の前から 道へ引っ張り出し
暖気運転 と思いながら
鼻歌交じりに 一度家の中に戻り ヘルメットをかぶり
再度 玄関のドアを開けると
エンジンのかかった TZR250 くんは  

道の真ん中で横になっておられました。


ちょっと眼を離すと 横になるなんて、 そんな癖があるとは知りませんでした。
土がすきなんでしょうねぇ、 スタンドで大きくえぐられた穴が開いていました。
翌日からは 土の上に一人で出す事はしないように心がけています。


バイク史に名を残す RZ250 の後継者として登場したTZR250です。
TZR250について知らない方のために、少し説明を記載しておくべきでしょうか。
愛読誌 「RIDE 57号」から 抜粋しようかと思ったのですが
記載しだしたら 止まらなくなりそうなので 
ほんの少しだけ 重要なところを記載します。

「 よぉし、今また2ストレーサーレプリカをきちんと乗ろう、
 と思ったって、それは叶わぬ夢になってしまった。
 排気ガス規制、騒音規制というオトナの事情で
 僕らが失ってしまった2ストロークスーパースポーツ。
  2ストが生き残れないなんて時代の流れだよな、
 しょうがないな、なんて思いながら、
 僕たちは、とんでもなく大事なものを失ってしまったのだ。」

私の愛読誌 「 RIDE  」は本棚に整然と 1号から最新号の62号まで並んでいます。
何度も何度も読み返しますので 痛みも出ている号があります。
中でも 57号 は 一番痛んでいるかもしれません。
ミニトレが表紙絵になった 緑色の39号以上に痛んでいるといえば
理解していただけるでしょうか。
57号は ピンクの表紙に TZR250が描かれているんです。
タイトルが良い 「 自分に嘘はつかない。 ただただ、疾走りたい!! 」
巻頭の漫画に使われているセリフ
「 エンジンが暖まらないと 動かないもので・・・・ 」
「 そんなこと言ったって ストールしそうなんだぞ 」
何度読み返しても  くはぁぁぁぁぁっっっ!!  うんうんと 頷いてしまう私。
さらに付け加えるのならば 描かれた効果音の描写
バンバンバン  バビィィン  ・・・ 実は この描写が不思議でしかたなかったんです。 
TZR250を乗り始めて 数日しか経っていない401ですが 
描かれた効果音がTZR250の正しい音なんだと 判ったことに ニタニタしています。


問題点は 沢山あると、先日記載しました。
商品として考えると エンジンの状態は決して褒められた状態ではありません。
ミニトレと同じようにベアリングが弱いのか 騒々しい音を出していますので
販売するならば、一度エンジンを降ろしてベアリング交換など整備が必要なのかもしれません。
がしかし、 実際にはミニトレと同じ。
走り出しちゃうと まったく気にならない お馬鹿な 401です。
45馬力など カタログの数値から想像すると ピーキーなエンジンを想像していたのですが
まったく 違いました。
メチャクチャ 乗り易い。 
今まで乗ったバイクの中で 一番 自然な感じ、 一番 401の感覚に合っています。
柔軟、 何処からでも走れる、そんでもって メチャクチャパワーがあるのが TZR250です。
まだ数日しか乗っていませんので 回転数の感覚を覚え切れていません。
もう少し身体にTZR250を慣らしすと、感覚が変わるかもしれませんが
今現在 TZR250に 大満足です。 

PageTop

ヤマハ ファンの皆様へ

毎日毎日暑い日が続きます。 401は すでに夏バテ 熱中症予備軍です。
そんな暑い中 先程 今年最初のカブトムシがパソコン横の網戸に飛来しました。
( 401の自宅は山の中腹。毎年何匹もカブトムシが飛んできます )
カブトムシの羽音に 夏の夜を感じる次第でございます。


んでぇ  401は 何をしているのか?
宝物の YZポッケは売ってしまうし、作ったばかりのRZ50も手放すし
「 きっと 401kunは ヤフオクへ ヤマハ魂を売ってしまったんだ 」と
嘆いておられる ヤマハファンの方が居られることは
重々承知しています。


ご安心くださいませ。
401は ヤフオクに 中古パーツや車輌を次々に売りますが
「 ヤマハ ファン魂 」まで 売払うことはございません。
ちゃんと ヤマハ車輌を 新たに入手しましたよ。
全国の ヤマハファンのために 入手した車輌の写真を一部お見せしましょう。
ヤマハ1


ね ヤマハ車輌だとわかる 良い写真でしょ。
ディープな ヤマハファンの方々は、上記写真でこの車輌が何かを
すでに見抜かれましたね。 もう 秘密ですからねぇ。
今日 何とか走れる状態にして コイツに試乗しました。
パワーに余裕がありますから、メチャクチャ 乗りやすいです。
街乗りならば 5000回転から 7000回転くらいで 十分速く 楽しいです。
過日 チャレンジしたパワーバンドが狭く パワーバンドから外れると まったくお話にならなかった
YSRと比べると スクーターのような気軽さです。
ヘタッピィな401は YZエンジンが怖くて回せられなかったのですが
コイツならば 回せるのではないだろうかと感じた次第です。


えっ?  なんですってぇ 「 あの写真だけでは 車輌が確定できないぃぃぃぃってぇ 」
そんなワガママを言うのは ヤマハファンではありませんね  ・・・・  ふぅっ
仕方がありません もう少し 写真をお見せしましょう。
ヤマハ2
特徴のあるホイールですからこれで 多くのヤマハファンは 車輌が判りましたよね。
写真に写っている キャリパー なかなかイイですよ。
今まで この車輌が登場する10年前くらいの車輌ばかり扱っていましたので
車輌の進歩ぶりに驚いてしまいます。
もちろん 私 401kunにとっては 最新バイクです。
こんなに新しいバイクに乗るなんて 考えた事もありませんでした。


えっ?  なんですってぇ 「 あの2枚の写真だけでは 車輌が確定できないぃぃぃぃってぇ 」
そんなワガママを言うのは ヤマハファンではありませんね  ・・・・  ふぅっ
ホンダ 横型50エンジンに乗っている方々ですね
もう 困った人たちです。
私が立ち上げたHP 「 Dreamer401 」って 最初は ミニトレファンしか来られない場所だったんですよ。
私 401kunも メイン車輌がGR50でした。
しかたありません あの2枚の写真で判らないならば
ヤマハ3
これで 判ったでしょう?
このサイドからテールに繋がるライン
もっとグラマラスなイメージを持っていたのですが 実物を眺めると
思いのほか シャープなデザイン処理です。ちょっと 破状を感じるような気もするのは私だけでしょうか?

えっ?  なんですってぇ 「 小出しにするな  全体を見せろ 」
ヤマハ4

TZR250 です。 初期型の 1KTです。
カウルのデカールが マイナー後の 2XTのようです。
いま 2ストに乗っておかないと 必ず後悔すると思い出したのが 昨年の暮れでした。
RZ250を探したのですが、メチャクチャ高価な車輌に育っていまして
貧乏人の 401kunには とても手が出せる車輌ではないと判断し
選択範囲を広げて探していました。
この写真を撮影したあと 再度試乗に出ました。
1度目の試乗は 走れた事に興奮して正しい判断ができていないようでした。

問題点は 沢山あります。
現在 悩んでいますのが 左右の排気。 噴出す排気が 左右で違うのです。
現在 お店でカウルを外し、 左右のマフラーを外し
来週の作業を検討しているところです。

 


PageTop

RZ50 も 見てください

手に入れた直後をお見せした後 音沙汰なく
「 あーぁ きっと また 途中で投げ出したなぁ 401の悪い癖やぁ 」と
呟かれた方も多いのではないかと想像しています。
RZ50 もちろん出来上がっています。

401が作成する車輌では珍しく 美しい仕上がりです。
とても 良い車輌なのですが
少々 ポケットの中身がなくなったこともあり
涙を流しながら 販売する事に決定しました。
エンジンは ノーマル50cc
ビッグキャブVM20と チャンバーは もちろん新品です。
ノーマルの姿を崩したくなかったので
あえて ど太いタイヤは避けて ノーマルのサイズにこだわった
タイヤを選択しています。
機会があれば 再度RZ50を作りたいと想っています。
次回は もっと 費用をかけずに 時間をかけずに作る事を計画したいと考えています。
RZ50を見たい方は Goo Bike の
http://www.goobike.com/bike/stock_8300073B30120508002/ をご覧下さい。
車輌は 店頭に展示しています。RZ

PageTop

秘密兵器 ポッケ

IMGP0803-1_convert_20120514005401.jpg
大変ご無沙汰しています。
えぇぇぇぇとぉ 先月末より 私の身の回りはドタバタしています。
内情をご存知の方は ご心配のことと思いますが、
401本人は 信じられないくらい 落ち着いています
ご安心くださいませ。
また あらためて 詳しい事をココにも記載するかもしれませんが、
もう少しお待ちください。


で、 久しぶりの記載内容は
何年も 持っていることは公表していましたが 姿を公表していなかった
秘密兵器 ポッケ です。
このたび、このポッケ お嫁入りが決まりました。
入手したのは すでに何年も昔の事になりました。
凶暴なエンジンは快感なのですが、まったく乗りこなすことができず
走らせた回数は数回しかございません。
YZ80エンジンの魅力の一部を味わうに留まった次第です。
色々問題も起こった車輌です。
スイングアームにガタが見つかり まっすぐ走らないことが判明した際には
フレームとスイングアームを取り替えるという大手術を行いました。
また機会があれば ハイパワー2ストに着手したいと思いますが
ヘタッピィの401には もっと乗り易いエンジンが必要です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。